webサイト内に広告が表示されます。

粉飾決算などコンプライアンス(法令順守)違反が発覚し、借り換え融資などを受けられずに倒産する企業が増えている。

コンプライアンス違反倒産が最多、コロナ禍の迅速融資の副作用 - 日本経済新聞
粉飾決算などコンプライアンス(法令順守)違反が発覚し、借り換え融資などを受けられずに倒産する企業が増えている。民間調査会社によると、コンプラ違反関連の倒産は2023年1〜8月で228件と前年同期比39%増え、同期間で過去最多だった。新型コロ...

(日本経済新聞)新型コロナ融資に限らず、通常のリスケも含め、非常に条件変更が困難な事例が多くなっています。

記事は新型コロナ融資において、その条件を満たし、緩やかな審査の元、融資実行された融資について論評されていますが、事実上、制度化された新型コロナ融資の条件変更は非常にハードルが高く、適用される事例は数えるほどしかありません。

対処療法としては、「通常のリスケ」従来通りのリスケで交渉を重ね、概ね半年ごとの更新を余儀なくされるケースが大半です。ただし、その通常のリスケすらままならず、資金繰りに窮している企業が数多く存在します。合わせて、社会保険の未払い分1年分が大きくのしかかっている企業も数多くあります。

破産を回避したいと慌てて飛び込んでこられる企業経営者様も多いですが、まずは足元、資金繰りを慎重に見極めたうえで中長期的な戦略を立てることが大切です。

弊社へのお問い合わせ、無料相談は、こちらから。 お問合わせフォーム LINEからのお問い合わせ

スポンサーリンク
コラム
スポンサーリンク
metroagentをフォローする
メトロエージェント株式会社